ページ
トップへ

ネットで予約する

甲府・湯村温泉 松の緑園 常磐ホテル

〒400-0073
山梨県甲府市湯村2-5-21
常磐ホテル 庭園散歩

四季折々、風渡る、和の庭を歩く
常磐ホテル 庭園散歩

春の桜、若葉のとき、秋の紅葉、四季を彩る雅豊かな安らぎの日本庭園。
松を基調とした情緒豊かな日本庭園。
四季折々の花を愛で、小鳥のさえずりを聞きながらのんびり散歩を。

米国の日本庭園情報誌で常に上位にランキング
米・日本庭園情報誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」が選ぶ「日本庭園ランキング」で2012年、2013年には3位に。

■ 開園時間 9:00~17:00(年中無休)
■ 入園料 無料

※ 恐れ入りますが、庭園鑑賞をご希望されるお客様はフロントにひと声おかけください。
※ 当庭園は離れ回廊を除き、土の地面に芝を敷き詰めてあります。雨が上がっても足元が汚れる場合があります。ご注意ください。

赤い星をクリックすると、施設のご案内にジャンプします。
庭園散歩MAP
庭園散歩MAP

皇室もご宿泊された離れ客室

伝統的な日本建築の粋を凝らした、数寄屋造りの客室です。木の温もりに包まれたお部屋からの庭園の眺めは格別な味わい。四季折々の自然に心やすらぐ至福の時が流れます。

昭和天皇や今上天皇もご利用「貴松亭」「松風」

昭和22年、昭和天皇が山梨の民情ご視察のためにご巡幸された際「貴松亭」にご宿泊され、昭和61年には第41回国民体育大会ご臨席のため来県、「松風」にご宿泊されました。今上天皇や皇太子殿下、皇室の方々にもご利用いただいています。

番勝負の間「九重」

「番勝負」とはおもに囲碁や将棋などにおいて、同一の2名の対局者が何回か対局し、勝数が多い方を優勝とする棋戦を表す言葉です。
当館では「九重」を会場としてお使いいただいています。
番勝負の間「九重」

武田家ゆかりの旧家「萩原邸」を移築した田舎家

武田家ゆかりの塩山「萩原邸」を移築した、甲州田舎造りの古民家です。プライベートな雰囲気のおもてなしに定評があります。
武田家ゆかりの旧家「萩原邸」を移築した田舎家

甲府・細田家伝来の大灯篭

江戸時代中期、甲府の旧家・細田家より伝えられた風格ある灯篭です。
甲府・細田家伝来の大灯篭

温泉を守る湯権現社

当館の大切な温泉を守護する神様をお祀りしています。(例大祭10月22日)

井伏鱒二氏と欅(けやき)

樹齢70年余、庭園のほぼ中央に位置する大木です。作家の井伏鱒二氏ゆかりの木でもあり、多くの作家と共に当館を訪れ、昼からこの欅の下でワインを楽しんでいらっしゃいました。

高松宮お手植えの栗

高松宮が昭和23年に来館された際、お手植えされた栗の木です。

山口瞳氏が愛した花梨

作家の山口瞳氏がこよなく愛し、氏の小説「花梨の庭」にも登場した花梨の木。花言葉は「唯一の恋」。花梨の木にお願いしたら想いが届くかも?!

>> 甲府・湯村温泉 常磐ホテルトップページにもどる